タイヤは冬用と夏用で変わる!安全性を確保するために知りたいこと

性能で選ぶことが大切です

標準の大きさを基準にする

ミニカーを持つ人

車のタイヤを選ぶときに大切なのが、標準タイヤのサイズで選ぶということです。
自動車メーカーではそのサイズをもとにベストな状態になるように作っているため、燃費をはじめ乗り心地も調整されています。
新しいタイヤにする目安としては、スリップサインが出ている場合とひび割れが行っている場合などです。
その中で、スリップサインが出ているときには、路面が濡れていなくてもスリップしてしまうこともあるので、チェックはしっかりと行うことが大切です。
スリップサインが見つけられない時には、百円玉を溝に差し込んで1の数字が見えるようであれば交換の時期だとわかります。
そして、実際にタイヤを選ぶときには性能で選ぶことが大切です。
特に、燃費性能はタイヤによって異なり、低燃費マークがついているものにすることで転がり抵抗を抑えて、燃費を向上させることができます。
運転の仕方によって異なりますが、10パーセントも伸びたという人もいます。
そのため、できるだけAAAに近いものを選ぶことで、効果がアップします。
それ以外に、基本的な性能ではブレーキ性能が高いほうがよく、メーカーによってパターンが工夫されています。
非対称パターンでは内側と外側の形状を変えていて、ハンドリングがよくなり乗り心地もよくできます。
それに加えて、ドライブを楽しむためにも静粛性が高いタイヤにすることも大切です。
それ以外にも、インチアップすることによってドレスアップさせることができます。
その時にも、タイヤの外形を変えずに扁平率を変えることが大切です。
そして、極端に扁平率を下げると乗り心地が悪化するだけでなく、価格自体が上がるためバランスを考えて選ぶことが大切です。

依頼の時期はお早めに

ウーマン

夏と冬、2つの季節には、タイヤの交換をすることが望ましいと言えます。
特に、冬にはいつ雪が降るかわからないという状況にもなります。
また最近は、突如大雪が降るというような場合も多くなってきており、スタッドレスに付け替えていない車が、道路で立ち往生しているというようなニュース映像が流れることも多々あります。
自分だけでなく、万が一の場合には誰かを巻き込んだ危険を作り出してしまうこともあります。
しっかりと車の管理をすることが、ドライバーとしてのマナーでもあるのではないでしょうか。
タイヤ交換の時期に、ふと気が付いてお店に依頼しようとすると、混雑していて希望の日に予約が取れないという事もあるようです。
特に雪が降りそうだという天気予報が発令されてからは、ごった返すようなことにもなりがちです。
そういったギリギリのタイミングでの交換では、混み合っていて予約が取れず交換できないという場合も想定されます。
しかし、実際雪が降ってきてしまうと、ノーマルタイヤでは運転できないわけですから、やはりどう考えても早い時期に換えておくという事の方がリスクにしっかりと対処できるといえるのではないでしょうか。
では、どのようなお店に依頼するべきかという事ですが、できればかかりつけ医と同じように、気軽に相談できるお店を一つ持っておきそこに依頼するのもお勧めです。
何度も利用していると、お店の人とのコミュニケーションも取りやすくなり、タイヤについての相談もしやすくなると言えます。

ニーズを満たす豊富な商品

作業員

カーショップなどに行くと、店頭にはたくさんのタイヤが並んでいます。
多くの種類の中から選べるのは良いのですが、初めてのタイヤ交換を考えている人は悩んでしまうかもしれません。
選び方としては、今付けているものと同じサイズの商品にするのが基本です。
サイズは側面にモールドされており、数字とアルファベットの羅列から成り立っています。
メモに控えてからお店の方に相談すると、最適な商品を選んでくれます。
高速走行時の走りを安定させたいなら、インチアップという方法もあります。
リム径を大きくすることでタイヤの面積を減らし、走行性能だけでなく見た目が良くなるという効果も期待できます。
インチアップを行うには外径がほぼ同じものを選んでください。
今のものよりも大きくなりすぎると、車体に接触してしまうからです。
わからない時にはお店の方に今のサイズを伝えれば、問題なく付けられるものを提案してくれます。
燃費を向上させたい人には、低燃費タイヤがおすすめです。
走行時にタイヤから発生する転がり抵抗を減らす素材が使われており、無駄な燃料の消費を抑えてくれます。
もちろん充分なグリップ力を備えているので、濡れた路面でも安全に支障はありません。
より攻めた走りを楽しめるのがスポーツタイヤです。
セダンやスポーツカーに乗っている人に向いた製品で、グリップしやすい素材が使われているのが特徴です。
ドライ時の路面だけでなく雨天時でも路面を捉える力が高く、クルマ本来の性能を発揮することができます。