タイヤは冬用と夏用で変わる!安全性を確保するために知りたいこと

交換前に種類を知る

特徴を理解した選択を

男の人

自動車に使われるタイヤは、大きく分けると夏用と冬用の2種類があります。
このうち夏用は天候が良ければ一年を通して使うことができ、標準装備となっています。
一方冬用のものは特に気温が低い時期に使用されるもので、積雪や氷などで滑りやすくなった路面でもしっかりとグリップするのが特徴です。
スタッドレスなどという名称が付けられており、チェーンを巻かなくても雪道を走行できるため、雪の多い地域では必需品と言えます。
夏用のタイヤでも、性能や特徴によってさらに細かく分けられます。
今人気の高いのが低燃費タイプの製品です。
路面に粘りつくことでグリップ力が発生しますが、場合によっては転がり抵抗を増やし燃費の悪化につながります。
低燃費タイプの製品は表面を覆うゴム材の配合を見直し、転がりやすくすることで車の燃費を向上させてくれます。
走行時の車内は、路面からの振動やロードノイズが影響してうるさく感じることがあります。
より静かなドライブを楽しみたいなら、静粛性を高めたタイヤがぴったりです。
こちらもゴムの配合を変えることでノイズを拾いにくくしており、加えてトレッドパターンを独自のものにすることで車内に伝わる振動を減らしています。
静かな走りが楽しめる電気自動車にも向いた種類です。
純粋にスポーティーな走りを重視するなら、スポーツタイヤがベストです。
コーナリング時のハンドリングを高めるために、グリップ力に重点を置いたゴムを使っているのが特徴です。
タイヤとしての基本性能が高いため、高速道路でも安定した走りが期待できます。

重要な役割を担う足回り

女の人

初めて自分のクルマを手に入れると、各部に自分なりのパーツを付けてカスタマイズしたくなるかもしれません。
外観を良くするエアロパーツや車内をおしゃれにする内装品など色々ありますが、実はタイヤも選んで付けると走りを良くしてくれます。
基礎知識を学んで、快適なドライブができるタイヤに付け替えてみましょう。
良いタイヤというものは、ゴムの性質が変わっています。
具体的にはより粘りを発生するものに変わっていて、これがカーブを走る時にグリップ力を生み出し安定した走行を実現してくれます。
良いゴムを使ったものはブレーキング時の制動力も高く、同じ速度からブレーキを踏んでもより短い距離で止まることができます。
良い製品に変えることは、ドライブを安心かつ安全に楽しめるようになると覚えておくと良いでしょう。
次に重要なのが、タイヤには寿命があるということです。
ゴムは日光などによってその性質が劣化してしまいます。
劣化が進むと購入時のようなグリップ力は期待できず、ブレーキング時の制動距離も伸びてしまいます。
安全に走るためには、寿命が来る前に早めに交換することです。
販売店でのアドバイスを元に、次回の交換日を整備手帳などに書き留めておくと確実です。
寿命の前にタイヤの性能が落ちることもあります。
表面にひび割れや摩耗などが見られたときがそうした例で、そのままにしておくと本来の性能を発揮できず走行にも危険を及ぼします。
これを防ぐには、クルマで出かける前に表面をチェックしておくことです。
もしいつもと違う状態が確認できたなら、カーショップなどに調べてもらってください。

アルミホィール装着も

タイヤ交換

マイカーに乗る人は、誰もが安全運転を心がけているはずです。
その安全運転のお手伝いをしてくれるのが、空気圧が調整され溝が十分にあるタイヤではないでしょうか。
スリップサインが出てしまい肩減りしたタイヤでは、安全運転を心がけても上手く運転をすることが出来なくなる可能性があります。
ですがこのタイヤ、自家用車タイプでも数万円もするものもあり、交換を躊躇ってしまう人もいるようです。
加えて最近の車は、ドレスアップがされることで、タイヤ径が大きくなっており、扁平率も大きくなっていることから、高額商品になっています。
タイヤへ、この径が大きくなることや、扁平率が高いことでランクアップとなっているため、新車当時ではタイヤ価格を気にすることはないのですが、交換時期になり初めて知ると言う人も多いのが、現実です。
そんな高額になりがちなタイヤを安く購入する方法として、インターネット通販の利用が増えて来ました。
輸入タイヤが多いのですが、性能的には全く問題はなく、安全運転にも心配いりません。
ネット通販が安く販売出来る理由には、その店舗が余計な在庫を持たないことや、宣伝費等を抑えることで商品への経費転化が少ないと言われます。
また、ネット通販で購入したタイヤを持ち込んでの交換依頼は嫌われる心配がありますが、現実にはそんなことはありません。
交換料金を支払うことで、ごく普通の対応されることになるからです。
タイヤ価格を抑えることで、アルミホイールなどへの支払いを回すことも可能になり、愛車がよりドレスアップされた車になると考えられます。